トップページ

日々の気温差が激しく体調を崩しそうな10月ですが、関東は46年ぶりの低温で早くもストーブが活躍しております。8月の長雨以降野菜の栽培は比較的順調で、心配された台風の影響もほとんど受けず収穫の秋に突入しております。

ほうれん草.大根.里芋の出荷も始まりました。今後の天候も気になりますが、野菜の市況は供給過多の状態で全般に安値で推移しています。今後の気温の変化や台風の影響を見守りつつ”おいしい野菜”の生産供給に精一杯頑張ります。

 

圃場視察

このほど再生利用事業計画(食品リサイクル)の途中経過を確認するため、松本英雄さんの圃場を視察しました。コーヒーの豆粕肥料を投入した小松菜の生育と耐病の状況を確認しました。